マスメディアで取り上げられる、法廷の様子を描いたイラストを法廷画と呼びます。

この法廷画を描く人を法廷画家と呼ぶのです。

何故、法廷画が必要になるかというと日本では裁判の様子の撮影が、民事訴訟規則、刑事訴訟規則によって、厳しく制限されているからです。

開廷前の法廷は撮影できますが、通常は、裁判中の廷内の様子は撮影できません。スイーツ03

よく、私達がニュース映像で観る法廷の映像というのはいわゆる「あたまどり」と呼ばれるものです。

裁判員や被告人が入廷する前の、裁判官や弁護士を映した映像となります。

これだけでは、実際の裁判の雰囲気は伝わりません。

そこで、被告人を中心とした裁判での様子をわかりやすく、視覚的にイラストで伝えるのが法廷画家の仕事となる訳です。

どうすれば法廷画家になれるか興味を持たれる方もいらっしゃると思いますが、この仕事には、特別な資格はいりません。

実際に法廷画家として仕事をしている方のほとんどが、フリーランスのイラストレーターや漫画家です。

その他に、新聞社や放送局の社員の中で絵のうまい人に依頼するということもあります。

マスコミ関係にコネがあれば、仕事を受ける機会もあるかもしれませんが、絵を短時間で描き上げる能力、技術は必須といえます。